スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスペルガーと学位レベルについて

ドイツ語検定のことを英語でいうと・・・German Diploma

フランス語検定のことを英語でいっても・・・French Diploma

恐らくイタリア語検定とかスペイン語検定なんて言ういわゆる第二外国語はDiploma(学位という意味)を使って表現していると思われます。

しかしながら英検に限ってはSTEP(Society for Testing English Proficiency)と長めの言い方をしています。

これはなにゆえか?なぜEnglish Diplomaと言わないのか、について考えました。

英検の受験者は200万人を超えているとはいえ、大半は中高などの生徒に対して学校の先生が受験対策にとほぼ強制的に受けさせていることに由来していると思います。つまりDiploma(学位)と呼べるほどのレベルに学習者は到達していないのだと思われます。

英検3級 → 中学卒業程度

英検2級 → 高校卒業程度

学位というのはあくまで大学の知識まで到達しないと言わないという暗黙の符合があるのではないでしょうか。

フランス語検定3級 → 大学2年生修了程度

ドイツ語検定3級  → 大学2年生修了程度

ということになり一応大学生のレベルが念頭に置いてあります。

それに第二外国語なんてなかなかやってみようとは思わないのではないでしょうか???

英検の場合大学レベルは

英検準一級 → 大学2年修了程度

英検1級  → 大学卒業程度

ということになり少しばかり敷居の高い話となってきます。

この域まではなかなか達することのできない人が多いと思われます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本一の金太郎

Author:日本一の金太郎
外国語が大好きです。
以前TOEICで900点を突破したこともありました。
中国語検定3級を取得し、現在は中国語の更なる習得に向けて励んでおります。
他にはフランス語検定3級やドイツ語検定3級を持っています。またイタリア語も勉強しております。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アスペルガー症候群
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。