スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1302回「あなたの周りの人の血液型は何型が多い?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「あなたの周りの人の血液型は何型が多い?」です!血液型ってよく友達とも話すテーマでもあるのですが日本ではA型が一番多いみたいですね。でも実際私の周りには、O型やAB型が多かったりします実際血液型が関係あるのかはわからないですが、相性が良い血液型とかあるそうな・・・・ってことは私はO型とAB型が合うのかな・・・と考えたり世界で言えばO型が一...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたの周りの人の血液型は何型が多い?」



血液型と性格の相関性とでもいうのでしょうか。なにかしらと血液型でその人の人となりを判断するというきらいが女性陣を中心的にあるように見受けます。科学的になのか医学的になのかはたまた精神医学的になのか、とにかく関わりは少なくとも現代では証明されていないのは、新聞などのメディアが報道しているとおりです。

この血液型のことももしかしたら性格病理学に分類されるのではないでしょうか?性格病理学と言うのは例えば喘息であれば依存心が強いとか言われるような代物であり、臨床的にそういった傾向にあるようなものの必ずしも正しいとは言い切れないものです。病気をすればそれは何の病気であれ、人格形成もしくは性格に何らかの歪んだ影を落とすものなのはわかりきっているのに、結果的ではなくどうして根っこのつまりは生まれ持った性格の段階にまで言及する暗示を与えているのかが、私は不思議でなりません。

つまり ×依存心が高い→喘息になる
    ○喘息    →依存心が高くなる

といった数式の方が説得力があるのではないでしょうか?

またアスペルガーや発達障害でも同様であり、上記の考え方で捉えることもできます。ただ自閉症圏の場合その疾患場所が頭といういわゆる医学的に説明がなされていないところだけに性格と病理とを結びつけて考えられがちです。

アスペの特徴はこうこうこうで、ああで・・・などと吹聴されることがないよう願いたいものです。

ちなみに私の家族はO型のみで構成されていますが、性格は無論多種多様で、私の家族を見て誰も性格病理学などを連想する人はいないと信じております。定型発達とアスペと入り混じっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本一の金太郎

Author:日本一の金太郎
外国語が大好きです。
以前TOEICで900点を突破したこともありました。
中国語検定3級を取得し、現在は中国語の更なる習得に向けて励んでおります。
他にはフランス語検定3級やドイツ語検定3級を持っています。またイタリア語も勉強しております。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アスペルガー症候群
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。