スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誰でもできる」???

「誰でもできる」・・・という宣伝文句が気にかかります。

それって発達障害でもできるのでしょうか?

例えば発達障害の苦手とするところである語学なんかだと、結果的にできるかどうかはっきりするのですが、無形のもの、例えば「祈り」なんかは分かりにくいものがあります。

あるオカルト雑誌に「祈る心の形が正しければ、所作がなくとも祈りは通じる」とありました。

御釈迦さまがいったいどういうつもりだったのかは今となっては分からないものがあります。

一応仏教は誰にでもできるとどこの宗派でも言っていると思うが、「本当にそうなんですか?」と念を押したとき自信を持って答えられる人がどれだけいるだろうか。

それこそ教えのトップに聞いてみないとわからないのではないのだろうか?

祈りだって多様なんだと思う。

だから祈って効果のある人とない人とに分かれてくるのだろう。

某宗教のラジオ演説を聞きながらこの問いについて自問を繰り返していました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっとズレるかもですが

私は、「祈ろう」と思い立ったときに、救いが始まるのだと解釈してます。
そして、自分以外のモノに「祈る」わけですから、心から祈ろうとすれば自ずと、自分自身の在り方を顧みることになりますね。そこにも意味があるのでは。
多種多様な宗教などにはあまり詳しくないので、自分の勝手な解釈ですが。

思い描いた結果かどうかだけが「効果」や救いではないのではないかと。

とはいえ、どんな宗教にも入ってませんが。笑
あらゆる宗教の考えには、ポイントで見れば良い教えはたくさんありますよね。
盲信するかどうかは別として、良い考えは部分的に柔軟に取り入れていけば良いかな、と。
そうすると、視野が広まり、考え方も柔軟なわけですから、結果的に良い道を選択しやすくなる気がします。

ハチさんへ

祈りとか宗教に関することに対してはほんと神経を使います。

究極的なところで教えを発達障害は理解して実践できるのか・・・

先日きいた宗教のラジオ放送は、誰でも想像力はある、会話の5分先をみんなが知らないうちに予測しているのだから・・・なんて言っていましたが、それができないのが発達障害なんです。

発達障害の弱点を逆手にとったような説法に私は戸惑った思いをしました。

「誰でも」というのは難しいことなのかもしれませんね。
プロフィール

日本一の金太郎

Author:日本一の金太郎
外国語が大好きです。
以前TOEICで900点を突破したこともありました。
中国語検定3級を取得し、現在は中国語の更なる習得に向けて励んでおります。
他にはフランス語検定3級やドイツ語検定3級を持っています。またイタリア語も勉強しております。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アスペルガー症候群
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。