スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定型発達研究

物語のストーリーや落ちなどを聞かれたとき、あなたはどう答えますか?

わたくし(発達障害者)としましては、けっこう丁寧にまた親切に物語を端折って教えてあげます。

するとたなり高い確率で感謝されることが多いです。

例えば学校の授業でも取り上げられた芥川龍之介の作品「蜘蛛の糸」を聞かれたら・・・

それはそれは極悪人カンダタが地獄に落ちたんだけど、生前に蜘蛛一匹だけ助けた善行をしっかりと御釈迦さんは見ておられて、天国から地獄へ細い蜘蛛の糸を垂らしてあげた。カンダタはこれ幸いと御釈迦さんに感謝して登り始めるんだけど、後から付いてきた他の地獄人たちに対して怒りに任せて暴言を吐いたら糸が切れてしまった。

と私なら答えます。

一方定型発達の人などは素直に教えてくれないことの方が多いようです。

自分で読んでみたら、とか、教えたら実際に読むときの感動がなくなるでしょ?、とかなんだかんだ言ってかわされてしまいます。

また教えてくれることがあっても、ひどく分かりにくかったりします。

ひょっとしたら人のものを教えるという点においては発達障害の方が定型よりも優れているのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。コミュニティに参加してくださり有り難うございます。
ハチと申します。

確かに、ASの方がポイントを上手く掴んだ場合、定型の人よりも何倍も理解も説明もうまいと思います。
感情抜きの・・・といったら失礼かもしれませんが、「要点」をすくい上げるからではないでしょうか。
かくいう我が夫(AS傾向高め)も、学生時代は勉強も学年イチ出来たそうだし、説明がとてつもなく上手い場合があります。
逆に、何が何だかわからない説明の場合もあります。汗

科学的なことや数学などについては説明が上手いですが、特に、人間の感情(善悪、1か0などではないもの)が絡む時にとんでもなくかけ離れた要素を持ち込んで説明しようとしたりするので、面白いです。
何度聞いてもわからないたとえ話をたくさん聞いてきました。笑

しかしながら、夫と私で共通しているのは「本好き」で、「本は読む人が、好きに解釈して良いもの」という価値観が一致しているので、お互いに解説したり、解釈を指摘しあったりというのはないです。
逆に映画などは、観てもよく理解が出来ないことが多いそうなので、私が解説したりします。

金太郎様の文章は読みやすく、文学的で興味をひかれました。
また読みにきますね!
プロフィール

日本一の金太郎

Author:日本一の金太郎
外国語が大好きです。
以前TOEICで900点を突破したこともありました。
中国語検定3級を取得し、現在は中国語の更なる習得に向けて励んでおります。
他にはフランス語検定3級やドイツ語検定3級を持っています。またイタリア語も勉強しております。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アスペルガー症候群
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。