スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスペルガーと語学勉強


英語などの外国語の習得にはやはり反復練習が効果的だと思います。以下は私が毎日取り組んでいる勉強スタイルであります。

 1、トランスクリプトのある原稿をヒアリングする。

 2、はっきりと聞こえるようになるまでそのトラックをひたすら何回も(もしくは100回くらい)聞き続ける。

 3、何度も聴いていると原稿を暗記してしまい、音源から理解しているのかどうか分からなくなるので次のトランスクリプトに移行する。

 2と3をひたすら何回も繰り返す。

 4、半年くらいこの所作を繰り返したら実力が付いているかどうか語学検定試験を受けに行く。

 5、テストに合格すれば勉強法は間違っていないということなので、このまま続けていく。もしも不合格だったら教材を変更する。(変更するにしてもやはりトランスクリプトのあるものを使う。)

 私はかつてTOEICで900点を突破したことがありますが、その時費やした時間は恐らくは3000時間くらいだったと思います。

 アルクを誹謗するつもりはさらさらないのですが、ヒアリングマラソンと銘打った1000時間の教材でもしも英語がわかるようになればかなりお得なことでしょう。

 私の場合、英語の経験があるので中国語の習得もその程度かかると思っているので、割とのんびりと構えています。
スポンサーサイト

アスペルガーと気付かれずにドライブしたこと

年が明けての初アップになることと思います。

職場でお友達になった人とドライブをする機会があり、まあいろいろと好き勝手話させてもらったわけですが、ついにどのタイミングでアスペルガー症候群であるかカミングアウトすべきか分かりませんでした。

相手も私に大した疑問も持ってないようで、こんな感じの人くらいに思っているのではないでしょうか。そこにわざわざ私が病名を言う必要性もなかったように思いました。

これはこれで私にとってちょっとした収穫でありました。アスペだから特別扱いしてなんてお願いする必要がないと、少なくともこの方の場合そう判断できたからであります。

私が言うのもなんですが、世の中誰しもある程度障害と言うものを抱えているのやもしれません。一緒にドライブをした友だちにSMAPで誰のファンか聞いてみたら香取くんだと言います。なぜですか、と聞くと話が面白いからだと言います。そこで私は突っ込みました。話が面白いだけなら中居くんもそうではないかと。

彼女曰く、中居くんは話す量が多すぎて早すぎて自分にはついていけれないと思う。

そうなんですね。彼女はむろん定型発達ですが、定型発達にすら合う合わないがあるのです。

アスペの場合その傾向がちょっと極端なだけかもしれないと私は思いました。

また全然別の人と話をしていた時のこと、長い付き合いにも関わらずアスペを説明していなかったことにハッとし、アスペとは自閉症のことです、と言いました。アスペルガー 発達障害 自閉症というのはIQで区別されていますが、基本的に連続体なので違いがないとも言ったのですが、うまく伝わりません。結果その方は私をアスペだとは認識しているものの、自閉症ではないと思っているようです。ここであえて私が自閉症でもあると自分をIQ的に下げていうのもおかしな話なので、言いませんでした。

うまくまとまりませんが、今回はこれで終了します。
プロフィール

日本一の金太郎

Author:日本一の金太郎
外国語が大好きです。
以前TOEICで900点を突破したこともありました。
中国語検定3級を取得し、現在は中国語の更なる習得に向けて励んでおります。
他にはフランス語検定3級やドイツ語検定3級を持っています。またイタリア語も勉強しております。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アスペルガー症候群
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。