スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞と発達障害と真依子さんとLOOPER


朝日新聞岡山欄「まっすぐな道 発達障害とともに」を興味深く読みました。

率直な感想を言えば、真依子さんはやはり生き辛さは抱えているもののほとんど普通の人のように扱われていると思いました。発達障害の診断が下りるまでにいわゆる生活歴があるので当然と言えば当然ですが、中には腫れ物を触るように扱われてしまう発達障害者もいます。

実名で報道されるのではなく、仮名で載っているところにしても発達障害の持つ社会からの誤解と偏見をうかがい知ることができます。各県に数える程度なのかもしれませんが、確かに知的障害の伴わない発達障害者が存在しています。恐らくは真依子さんもその一人なのでしょう。私もその中の一人であります。




話は変わって映画を観に行きました。映画の予告編(トレーラー)をみて良いなと思ったのが、「LOOPER」だったのでその映画を一人で観ました。ちらほらと一人で来ている人もいましたが、やはり大半はカップルで来ていました。知り合いの看護婦さんはなんと10年来映画を観に行っていないと言っていたので、やはり誘う人がいると言うのが映画に来るための重要な条件なのかもしれないです、はい。

このルーパーという映画は未来から過去へ送られてくる人を殺す仕事のことであり、個人的に言わせてもらえば時間軸がいったりきたりするので、非常に分かりにくかったです。ぼけーーと観ていてもなんとなく面白いと思えるような映画がやはり楽しいのではないでしょうか。



今日という一日はとても眠かったです。強迫神経症のお薬をもらう病院で仮眠を取ったらなんと4時間も眠れてしまいました。その分早朝から覚醒していたということです。



イタリア語検定が近々あります。ゆえに必死こいて勉強しているのですが、病院の友達からはすごいね~~と称賛ばかり言われます。



今日は書くのが疲れていてすごくしんどいのでこのくらいで終わります。。。。
スポンサーサイト

映画「96時間リベンジ」と美術館とアスペルガー


倉敷イオンに出没しています。ARIOよりはやはり大きな倉敷イオンがいいと思っています。今日は映画を観ました。

当初の予定では「ONE PIECE フィルムZ」を観賞するつもりだったのですが、行き当たりばったりの時間帯に行ったので、次の上映時間までの待ち時間が余りに長く断念しました。その代り、「96時間リベンジ」というハリウッド映画を観ました。

拳銃の発砲シーン、カーチェイスそしてちょっぴりのキスシーンなどなどやはりハリウッド映画には欠かせない要素はしっかりと盛り込まれていました。

後味は悪くなかったです。しかしながらちょっとした拷問シーンにはワタクシは眼をそむけてしまいました。やはりお歳を召してくるとだんだんと過激な場面は苦手になってくるのかもしれません。

さて、映画も無事終了して(以前一度火災報知機が作動して上映が中止されたことがあった)タバコをふかしながら、今度こそONE PIECEを観ようかと考えていると、携帯電話が鳴りました♪♪♪

ワタクシにとって大変に重要な友だち(アスペルガーVIP待遇)からでした。要件はなんとワタクシの障害者手帳を使って美術館に入りたいから一緒にドライブに行かないかと言う我がままでふざけた内容でした。

でもまあ、彼にはワタクシからもときおり電話してドライブに誘うことがあります。要するに持ちつ持たれつの関係であります。快く承諾しました。

どうやら彼には映画館よりも動き回れる美術館の方が性に合っているようです。ワタクシもですが、彼にもADHDの傾向があるのかもしれません。(驚愕の新事実!!)

しかしながら普段彼よりも多分よく飛び跳ねているワタクシは映画館の方がいいのであります。なぜか?それは美術館と言うものにあるものは高度な専門的な知識もしくは人並み外れた感性がないと分からないのではないかと思っているからです。映画は割とすそ野が広く設定設計してあるのに対し、美術は率直にいえば難しいのです。ワタクシはそのように思っています。

他のアスペルガーの方がどのように思っているのか一度聞いてみたいものですが……



そしてパツンコ(パチンコのこと)には昨日今日と一回も当たらず負けました。お金を使って遊んでいるにも拘らずスターターというところにパチンコ玉が入らないと激しくイライラするのはなぜでしょうか?怒りにまかせて一度思い切りパチンコ台を叩き割ってみたいと思うのですが、どれだけ弁償しないといけないのか考えていると流石に負けプロのワタクシでもできないものがあります。

時々パチンコ店でも店員に絡んでいるお客様を見かけます。なんと言っているのか知らないですが、負けは負けと男らしくきっぱりと見切りをつけることができないのだと思います。ま、みっともないです。

実を言えばワタクシ以前まだ強迫神経症(強迫性障害)がひどかった頃、パチンコ台の前で念を送るべく「あたれ~~当たれ~~!!」と叫んだことがありました。すると隣のおっちゃんから「うるさいよ、静かに打ってくれ。」と注意を受けて恐縮したことがありました。

パチンコの武勇伝はこのくらいにしてと。

ワタクシは今日もイタリア語と中国語の勉強をがんばりました!!ちゃんちゃん。

写輪眼とアスペルガーとパチンコ


イエーイ!

最近パチンコに大当たりしていない金太郎です。

いわゆるパチンコでの「大当たり」というのは、一回きり当たっただけではそうだとは言えません。せめて5連荘できたら10連荘くらいしないとトータルで見たときに勝って買って帰れないものがあります。

ちなみにですが、「パチンコに勝つ」を英語で言ったときなんと言うか?それはwin bigくらいが穏当なのではないかと思います。私は時折弟くん(定型)に勝利を喧伝するときビッグタイムだったよと言ってます。

まあパチンコの話はこれくらいにしてと…

寒い日が続きます。風のない日だとオーバーがなくても過ごせるかもしれませんが、今日お寺さんで駐車場の当番をしていたら少しく寒かったです。1時間程度だったので、まあいっかということで上着なしでやり過ごしました。

本当を言うと津山までドライブ方々友だちと会いに行きたいのですが、雪降りで道路が凍結していたら嫌なので行ってないです、はい。たまに電話で連絡を取るくらいですねえ。

北はダメということで地理的に必然と福山方面へ走ってしまいます。友だち(アスペ濃厚)といっしょにぶらぶらと車を走らせます。先日話を聞いた折は大学の学友の武勇伝が多かったように思いました。

彼は新車を一台購入して、私はミニカーをたくさん集めているので、これも何かの奇縁だと思い、彼の車と同じミニカーを一台プレゼントしました。彼は喜んでいました。

その友だちと私では、彼が私のコピーをするので必然的に私の方が文明的に先に行っていることになります。私は真似をされても構わないし、彼も一向に頓着するようには見えないので、こんな不思議な関係が続いています。

私の腹案として私と彼に何か共通するところで、何かパンチの効いたことができないかと模索しています。そういった意味においてイイトコサガシさんのところへ私が必殺の写輪眼(茶目なだけだけど)で真似っ子をしてみたいと思います。

ふふふ…


あ、またいつか誰か女の子を誘ってちょっと良いモノでも食べに行きたい今日この頃です。

サバン症候群と「ATARU」と発達障害

テレビドラマ「ATARU」を面白く拝見しました。

中居君演じる主人公のチョコザイ君(アタル)はサバン症候群という設定です。

サバン症候群というのは、発達障害もしくは知的障害がある人の中で特殊能力を持つ人を主にサバン(賢人)といって指します。

チョコザイ君がサバンと知ったとき、発達障害か知的障害かどちらの設定なのか気になってみていました。一応台詞の中で「発達障害」と言っていたのですが、なんか見ていて知的障害も合併しているような役作りだなと思いました。

知的障害と言うと社会的な誤解を招いたりするので、穏当に発達障害と言っているだけなのかもしれません。詳しくは原作者に尋ねないと分かりませんが…この場合チョコザイ君は知的発達障害と言うことになるでしょうか。

もっとも演じる中居君があまりに良い男なので知的障害の方の持つ独特のいやらしさはまったく感じさせないし、むしろ魅力的にさえ見えることもありました。

発達障害と言うのは専門的には3次元のスパイラル構造になっているらしく、まあとどのつまり上位にある発達障害者は下位の発達障害者の気持ちを理解することができるということです。

テレビを見る限り私には「んんん?」というなんかとにかく得体のしれない者を眺めているような気にはなったのですが、私の方がチョコザイ君よりも下位にいるのか、もしくは役作りに難があったのか気持ちを理解することはできませんでした!!

発達障害者と言うのはトウヘンボクなことをするというのではなく、発達障害者同士ではちゃんと意思疎通できることもあります。

チョコザイ君には細かく言うと言語的な遅れがあるので、アスペルガーと言うことにはならないのかもしれませんね。

ちなみにAKB48の島崎さんかわいかったです。「推し変」というのをします。ぱるる推しになりました。

それと栗山さんもとても綺麗だったです。多分年近いのになんか良い感じに大人になっているなって思いました。

でも全体的な感想を言って面白かったので、今後ともこの「ATARU]をじゃんじゃん放送してほしいです。

楽しみにしています♪♪♪

ノーマライゼーションと稲妻自模とアスペルガー

ほらほらほらほらほら!!!

あけましておめでとうございます。日本一の金太郎です。

せっかくお母上から頂戴したお年玉の福沢諭吉もパチンコパーラーでいきなり吹っ飛んじゃいました。

おろ??

しかしながらパチンコマンであるからにはこのような不測の事態にいちいちめげてはおれません。

ワタクシはその昔まだ20代だったころは牌人であるお友だちと年越し麻雀を貫徹していたものです。

それが私の都合を言えば強迫神経症ですっかりと体力がなくなってしまい、牌人たちの猛攻撃に耐えることができなくなりました。あとの方々の都合を言えば、ケンカ別れとなったり、交通事故に遭って亡くなられたりした…です。こころよりご冥福を祈ります。(合掌)

先日自己申告でアスペルガーという方と一緒にドライブをしたのですが、あまりに彼は普通っぽいので「どんだけ~」と叫びたくなりました。ワタクシの勘が正しければ、彼はアスペではありません!!これはかつてのクイズダービーではらたいらさんに3000点ベットするよりも確実な私のファイナルアンサーであります。

こないだもTELで彼と喋っていたのですが、こちらががっかりするほど人間ができているのですね。こだわりなんかもなかったりします。

「ノーマライゼーション」のことを彼は真剣に語っていました。例えば四肢切断の憂き目に遭ったとして、治療の目的は手足の再生ではなく、心のケアの方にあるという考え方です。はるか昔ワタクシがまだ公務員試験の勉強をしていた時、聞いたような単語ですが改めて当事者として聞いてみると印象が全然違います。

たとえ体は灰塵と化そうとも、魂は巡り巡って不易のものなり~♪

おお~。

でもまあ彼の話に戻ればなんか生き辛さがあってたいへんそうだから、アスペルガーというレッテルを張ってあげることも大切な治療かもしれませんね。

最近またイタリア語検定試験が近づいていて頭が聴牌状態なので、その辺のことを含んで読んでもらえると助かります。

プロフィール

日本一の金太郎

Author:日本一の金太郎
外国語が大好きです。
以前TOEICで900点を突破したこともありました。
中国語検定3級を取得し、現在は中国語の更なる習得に向けて励んでおります。
他にはフランス語検定3級やドイツ語検定3級を持っています。またイタリア語も勉強しております。
宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アスペルガー症候群
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。